Blogを引っ越します

2017.04.24 Monday

0

    2014年12月からお世話になっていたjugemブログから、

    新しくamebaブログへ引っ越します。

     

    新しいURLは、

    http://ameblo.jp/min-iren-shizuoka/

    です。

     

    まだ、引っ越しの作業中で、

    全部完了すすまでには、しばらく時間がかかりそうです。

     

    このjugemブログも、しばらくは残しておきますので、

    過去記事をふりかえるには、ご利用いただけます。

    医学生向け 子どもたちの命かがやく未来へ 4月1日

    2017.03.28 Tuesday

    0

      静岡民医連学生センタープレゼンツ

      浜松医大生に贈る学習企画です。

       

      放射線被ばくや小児科医療に詳しい

      聞間医師(浜北医療生協・生協きたはま診療所長)

      が話題提供致します。

       

      問合せは、静岡民医連学生センターまで。

      TEL:053-435-5932

      https://www.facebook.com/miniren.shizuoka/

      浜松市東区半田山5-5-3 半田ビレッヂ1-103

       

       

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:医学生・医大生

      Medi-Wing67号を読んで

      2017.02.06 Monday

      0

        JUGEMテーマ:医学生・医大生

         

        以下長文になりますが、ご容赦ください。

         

        民医連では医学部を目指す高校生や医学生向けに

        Medi-Wingという情報誌を発行しております。

         

        できたてほやほやの第67号について感想を書きます。

        人々の健康に与える影響を与えるSDH(社会的決定要因)を

        研究しているハーバード大学のイチロー・カワチ教授へのインタビュー

        と「若者の貧困」についての特集が掲載されております。

         

        イチロー・カワチ教授のインタビューについては続編が出しだい

        コメントしたいと思います。

         

        「若者の貧困」については筑波大学の医学生が神部紅(じんぶあかい)

        さん、首都圏青年ユニオン前委員長にインタビューをしております。

         

        その中で「過労死するほど仕事があって、自殺するほど仕事がない」

        という言葉が出てきます。神部さんによると東証一部上場の日本企業

        で、上位100社のうち7割は、過労死ラインの月80時間の労働を超える

        協定を労働組合と結んでいるとのことです(東京新聞の記事を参照)。

         

        日本の企業は若者たちを殺す気で雇っていると言っていいほど過酷な

        労働を強いているという現状を語っておられます。これについては

        電通において24才の女性が過労により自死され、裁判となったつい最近の

        ニュースを思い出される方もおられると思います。

         

        一方で大学を出ても就職できず、就活自殺というのも増えているそうです。

         

        神部さんは非正規労働者の持っていなければならない基本スペック(能力)

        は「器用さ」と語っております(これは正規労働者にも求められていると思う)。

         

        しかしコミュニケーションや自己表現が苦手な「不器用な」人は社会や会社

        から排除されてしまいます。

         

        またそのような人は社会や会社から排除して良いという論理にさらされている

        という現状もあるそうです。これは「弱い人はいらない」という優生学にも

        つながる危険な考え方です。少し前まで「自己責任論」という言葉がはやって

        いましたね。

         

        話が少しずれます。私たち民医連の医療の特徴として「生活と労働から

        疾病をとらえる」ということがあります。ただ病気だけを治すという考えでは

        根本的な治療はできません。患者さんが病気になるに至った背景などをしっかり

        把握してこそ、患者さんに寄り添った治療ができるからです。

         

        インタビューをした医学生は以下の感想を述べております。

        「僕自身、まだ2か月しか実習をしていませんが本当にいろいろな人がいます。

        DVの被害にあった人、薬害の被害者、過労でうつ病を発した人・・・。

        患者さんの話に耳を傾けながら背景にはどんなことがあるか、いつも悩んでいます。

        自己責任論に終始してしまうことは、医療系学生として、医療関係者として

        言語同断と言わざるを得ません。『おかしい』という直感を持つこと、そこから

        始まるのだと思います。」

         

        このような感覚を持った医学生がぜひ増えてほしいですね。

        浜松医大にて推薦入試宣伝(2日目)

        2017.01.31 Tuesday

        0

          1/29(日)に浜松医大にて2日目の推薦入試の宣伝

          を行いました。2日目はアンケート調査です。

           

          医療機関として高校生や学生のみなさんに見学・実習

          を提供するにあたり、どのようなことに興味・関心を

          お持ちなのかを把握するために行っております。

           

          約90名が受験したそうですが、アンケートにご協力

          いただいた受験生は72名でした。

          予想よりも多かったので、びっくりしました。

           

          いくつか結果について紹介します。

           

          1.医学部を受験した動機(医師をめざした理由)について

          「社会や人の役に立つから」51名

          「自分や家族の病気や怪我の体験から」30名

          受験生のみなさんの使命感や志の高さを感じました。

          同時に自身や周りの体験も動機として強いことを感じました。

           

          2.医学・医療の分野での関心

          「地域医療」61名

          「医師・看護師・介護士不足」34名

          「高齢者医療」19名

          「家庭医・総合診療」18名

          一番多かった地域医療について、どんなイメージかもっと聞けたら

          と思いました。その他の項目も理由を聞いてみたかったです。

           

          3.関心のある社会問題

          「震災(復興・原発事故など)」39名

          「いじめ・自殺などの教育問題」32名

          「格差社会・子供の貧困」24名

          「平和問題(安保法制・憲法・米軍基地など)」23名

          やはり震災について関心が多いですね。いじめ・自殺などについて

          は身近な問題であると思います。格差社会や平和問題について関心

          を持つ方が多いこともあらたな発見でした。

           

          4.入学前に医療体験

          「参加してみたい」32名

          「興味があるので実習メニューを知りたい」21名

          「高校時代体験したことがある」18名

          医療体験に興味がある方が多いことも新たな発見でした。

          高校時代に私たちの医療機関(民医連の病院・診療所)で体験した方も

          おりました。

          見てみたいものとして

          「診察室での診察の様子」39名

          「訪問診療(往診)」26名

          と実際の診察の様子を見てみたい方が多かったです。

           

          ご協力いただいた受験生のみなさんありがとうございました。

          良い知らせが届くといいですね。

          浜松医大にて推薦入試宣伝(1日目)

          2017.01.28 Saturday

          0

            JUGEMテーマ:医学生・医大生

             

            ひさびさの投稿ごめんなさい。

             

            本日は毎年恒例の浜松医大入試宣伝でした。

             

            チラシを受験生みなさんに配布しました。

            早朝から多くの受験生が寒い中集まっておりました。

             

            本日は45部チラシを配布しました。

             

            本日は晴れていたものの会場周辺はとても冷えて

            おりました。

             

            受験生のみなさまにはぜひ体調に気を付けて

            がんばってほしいと思います。おっと!あまり

            プレッシャーかけちゃいけないかな(-_-;)

             

            明日も行います。