超音波で五十肩診断(6/3静岡新聞夕刊)

2014.06.05 Thursday

0
    超音波検査といえば、内臓や頸動脈、甲状腺といった検査にすぐれています。

    この記事では、「腕が上がらない」「眠れない」といった深刻な症状を引き起こす、いわゆる五十肩の検査にも有効だと書かれています。技術の進歩により、筋肉や靱帯を鮮明に映し出すようになりました。肩関節の内部が癒着しているのか、それとも腱板(腱の集合体)断裂なのか、見極めることができるようになりました。癒着している場合は、内視鏡手術等で原因を取り除くことも可能になるとか。

    被爆や、患者の苦痛が少ないエコー検査は、これからさらに需要が増す一方でしょうね。

    JUGEMテーマ:超音波検査
     
    コメント
    コメントする