第二部の医師インタビューがおもしろい

2014.06.05 Thursday

0
    JUGEMテーマ:研修医

    谷川智行/後藤慶太郎著『研修医』新日本出版社

    日本の医者はどうつくられるかを、当事者が丁寧に書いている本。
    現役医学生にとっては、つい最近になって急激にかわってきているんだということがよく理解できる本だと思います。
    「臨床」力を高めるきっかけがちりばめられています。

    特に、第二章 第一線の医師に聞く、研修医時代と生き方が秀逸です。

    「患者さん中心」と「科学者の目」が脳低温療法の原動力なんです
    林成之医師/日本大学医学部教授、日本大学医学部附属板橋病院救命救急センター長

    地域病院に「大リーガー医」を招いた研修で臨床力を底上げし
    松村理司医師/洛和会音羽病院副院長、洛和会京都国際医学センター所長

    治療が効かない病気を背負ったこと 患者さんたちからつかんだこと
    板井八重子医師/熊本・くすのきクリニック所長、前水俣協立病院院長


    浜松事務所で貸し出しができます。



     
    関連する記事
    コメント
    コメントする