浜松医大にて推薦入試宣伝(2日目)

2017.01.31 Tuesday

0

    1/29(日)に浜松医大にて2日目の推薦入試の宣伝

    を行いました。2日目はアンケート調査です。

     

    医療機関として高校生や学生のみなさんに見学・実習

    を提供するにあたり、どのようなことに興味・関心を

    お持ちなのかを把握するために行っております。

     

    約90名が受験したそうですが、アンケートにご協力

    いただいた受験生は72名でした。

    予想よりも多かったので、びっくりしました。

     

    いくつか結果について紹介します。

     

    1.医学部を受験した動機(医師をめざした理由)について

    「社会や人の役に立つから」51名

    「自分や家族の病気や怪我の体験から」30名

    受験生のみなさんの使命感や志の高さを感じました。

    同時に自身や周りの体験も動機として強いことを感じました。

     

    2.医学・医療の分野での関心

    「地域医療」61名

    「医師・看護師・介護士不足」34名

    「高齢者医療」19名

    「家庭医・総合診療」18名

    一番多かった地域医療について、どんなイメージかもっと聞けたら

    と思いました。その他の項目も理由を聞いてみたかったです。

     

    3.関心のある社会問題

    「震災(復興・原発事故など)」39名

    「いじめ・自殺などの教育問題」32名

    「格差社会・子供の貧困」24名

    「平和問題(安保法制・憲法・米軍基地など)」23名

    やはり震災について関心が多いですね。いじめ・自殺などについて

    は身近な問題であると思います。格差社会や平和問題について関心

    を持つ方が多いこともあらたな発見でした。

     

    4.入学前に医療体験

    「参加してみたい」32名

    「興味があるので実習メニューを知りたい」21名

    「高校時代体験したことがある」18名

    医療体験に興味がある方が多いことも新たな発見でした。

    高校時代に私たちの医療機関(民医連の病院・診療所)で体験した方も

    おりました。

    見てみたいものとして

    「診察室での診察の様子」39名

    「訪問診療(往診)」26名

    と実際の診察の様子を見てみたい方が多かったです。

     

    ご協力いただいた受験生のみなさんありがとうございました。

    良い知らせが届くといいですね。

    コメント
    コメントする